プロフィール

3104

Author:3104
気づいたら大学4年生だった人
AUGUST大好き
経済学大好き
政治学大好き
9mm大好き

卒論辛い

来年から院生です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

http://animation.blogmura.com/anime_moe/
クリックしてくれると管理人若干一名喜びます

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/25 (Sat) 00:49
私は貝になりたい

先程まで4chでやっていました終戦後のBC戦犯の話

主人公は加藤哲太郎
新潟のアメリカ兵の捕虜施設にいたが


部下が射殺してしまいその罪を背負いBC戦犯に


その後逃げるために各地を転々としている中

妻ができ・・・・


つかまって・・・・・




以下略b



wikipediaに詳細がありますので



それをみてください




この話では



アメリカ兵がものすごく悪い印象があたえられる作品




戦争というものは

片方からみると


必ず敵は悪く見えるようにせっていされています


まああくまでそういうのは国の方針などに絡んでしまいますが


どこの国であっても


自分の国を悪く書きたくはない

例えば

はだしのげん

これは
原爆に対することについてアメリカに対しての広島の怒りとでも言うのでしょうか・・・


そして日本の悪い点は



南京大虐殺

これについては
学校などでもあまり扱われていません



まあこういう背景が存在しながら

国内の戦争映画はできていますが


確かに自分の国がぼろくそに書かれているものなんてみたくはありませんよね?


でも時にはその自分の非を認めなければいけない




戦争は敗戦国であれば

勝利国はやりすぎだ

また逆になると
捕虜を殺された
今までの行動

など


どっちにしろ
片方の事実しか述べてはいません


確かにそのことは事実かもしれませんが


あくまでそれだけにとらわれてはいけません


色々な背景が重なり合って

初めて歴史というものは完成するのです




ただこれを見ただけで
アメリカはやりすぎだ


などの

主観的な考えは捨て


こういうこともあったが

今の自分はこういう過程があって生きている


まずは自分が今ここに存在していること


それに感謝しなければなりません


今はアメリカの軍事により日本は守られています



(操り人形でもありますが)

まあ


今は友好関係を結んでいるので



昔のような過ち(自分の利益にとらわれている)を起こさない

そして両国問題が起きたとしても話し合いで解決



ソレが現在外交においては最善だと思う



まあ戦争映画を見るときは


その背景をよく理解した上で

一つの情報だけにとらわれない




そうしてもらいたい
スポンサーサイト

2007/08/03 (Fri) 23:20
今日は・・・・・・・・

やばい・・・・ねたがないので












最近の政治のお話でも





参議院選挙がつい最近終わりました


自民38
民主60
安倍総理いわく今回の選挙は
小沢さんか安倍さんのどちらを選ぶか?


と発言していた



この結果、この発言により安倍総理は辞任するのか?








と皆さんおもいましたが現実は続投


まあ今やめてしまったら誰がこの後引き継ぐのか?



小沢さんにまかせればいいのでは?



だが総理大臣が決まるのはあくまでも衆議院なので
今現在では衆議院では自民党が過半数を所有しているので
民主は与党になることが出来ない


まあそういうことなので安倍総理のいったことは矛盾してしまう





まあここでやめていたとすると


候補は麻生外務大臣になるが・・・・はたしてどうだろうか?










今の政党政治・・・各政党をみてみるが

少しきれいごとがおおすぎる




マニフェストにはありのまま
厳しい現実についても書かなければ公平な選挙は出来ないと考えている






今回の選挙は
自民党は
上げ足をとられて負けた



これにつきる

2007/06/10 (Sun) 23:14
アメリカが崩壊してきている

今日は英検2級そ試験のため学校にいきました
そのかえり親がむかえにきてくれてる途中

ラジオきいてました

そのときにアメリカでは
殺れる前殺れという精神の元
ある法律がつくられてしまいました

内容は
自分が危険だ・殺されると思ったときに殺傷力のある銃を公共の場でつかってもよく(今までは自分の敷地内)それが一般peopleにあたっても罪にはとわれない

というなんてひどい法律が

これはどうやら銃容認派が作っている法律で
一番の代表例は
ブッシュ一家

1991年~1994年は民主党の銃反対派が政権をにぎってたので
銃の規制を法律で記していたのですが
1994年共和党に負けてしまいこのような思想に転換

この前のアメリカの大学の乱射事件では
誰かが銃を持っていれば最低限度の死者ですんだということで

必ず手元の銃を

ということが

つまり
犯罪が起こる→銃の規制緩和が起こる→犯罪者に簡単に銃がいきわたるようになる
前に戻って

最悪のスパイラルがおこってしまう


どうしてこのような思想が出来るのか自分には信じられないばかりだ

これには200~300年さかのぼり・・・

奴隷戦争などの治安が悪かったころ
警察などの整備が出来てなっかたらしく
どうやら自分たちで自衛するということで

警察などができてもどうやらその思想がすてられなかったらしい



怖いなアメリカ・・・・

間違ってたら訂正おねがいします


今日のおはなしだね


まあ英検から帰ってきてからは野球ゲーしてました

なんか姉貴に最近ギャルゲーしてないね

っていわれて

そういややってないな~と自分でもしみじみ思ってたりしています


こんな日には・。・・・・・


ギャルゲーやるか~と思うても

やりたいギャルゲが存在せず・・・・・


ほとんどクリアしちゃったりあきたりしたからなあ・・・


まあどうやらカラフルアクアリウムっていうのがゲムに(ps2に移植)なるからそれでも秋にかってみるからそれまでおあずけかな

そしてさ・・・




いや・・・・ネタはないんだよ?


これかららきすたでもみにいこうかなとおもってるだけさ


では今日はこのへんで

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。