プロフィール

3104

Author:3104
気づいたら大学4年生だった人
AUGUST大好き
経済学大好き
政治学大好き
9mm大好き

卒論辛い

来年から院生です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

http://animation.blogmura.com/anime_moe/
クリックしてくれると管理人若干一名喜びます

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/11 (Sun) 00:05
皆だいきらい詩のコーナーだよだよ。さて今日はだれが犠牲になるかな?

なぜだろう
身体がむずかゆい
それは抵抗のあと

かいてもかいても
むずかゆい
このかゆみはいつきえるのか・・・・
このかゆみはなんなのか

だれか
この痛みに気づいて
なんなのか
おしえてください

その痛みはきみの存在の印
だれかに気づいてもらうための
かなしい傷

その傷は何かに抵抗した跡
終わったあとはいいけれど
輪廻のように
またかゆみとなり
君のなかを
蝕んでいく


このかゆみはなんなのか?
それは
心に聞いてごらん

それはきっと近くにあってとどかないもどかしさ
いつか消える・・・・


そう考えて行動しても
また輪廻のようにもどっていく

さいごに聞かせて

どうすればこの傷はきえるの
この傷はなんなの

その傷はきみの心の傷
みんなに気づいてもらいたくてできた表面上の

でも誰もきづいては
くれなかった

お願いだから
気づいてください
この
心の嘆きを


「嘆きの傷」




まとまんね!
以上
スポンサーサイト

2007/02/11 (Sun) 21:55
あれれ~圭一君しぶといね~・・・今楽にしてあげるよ。あはははは~~~!・・・・・詩です

この全てにはおわりがある・・・

あるはずだった

なのに
君はなぜ

ここに
きみは僕が

ならなぜ君が

あ~あれは夢だったのか?

でもなぜか手の感触(ここ)には残ってる
この現実(こと)が本当なら
僕はもう一度同じことをするだろう

でもなぜだろう
やってもやっても
自分の望む現実にはたどり着かない
すべてが輪廻のように繰り返す
あと一度だけ
出来るとしたら何をするだろう
僕はまた同じことを・・・・


あれなぜだろう何度もやっても充実しない

あの時に
なぜこんなことを
いまでは悔やんでも悔やみきれない
なぜこの輪廻が終わらないのか
ああそうか
そうだったな・・・

もう終わりを告げたのは
僕だったのかもしれない

題名「夢の輪廻」


久々に詩をかいてみたよう



なんか意味わからないのは内緒で



では


まだまだ更新するよ~~~~~

2006/12/22 (Fri) 08:17
無限ループ

全ては揺れる波のようだ

心も
身体も

全て波にはさからえない

全ての理論は波にはさからうことができない

でもそれをしりながら・・・・・


波が1番上の時には喜び

下なら怒る

そんな理不尽な事がある

なら聞きたい

あなたはどうなの?


題名「無限の波」


おっはよいございす♪

いつも脇役3104です(ビシッ

というわけで意味のない詩から始めました


昨日やっと

フィーナルート終了~♪♪♪♪


一言いうと

長かった

2006/11/15 (Wed) 22:23
このblog意外と長続きしたね(笑) でも好評0批判a lot of だが・・・ まあそこら辺は気にしたら負けだ(なんかタイトルなげえ~・・・

いや~blog始まって四ヵ月立ちました

時がたつのが早く感じる3104です

さて問題です

明日は何の日でしょう?



正解は


自分の三者面談です・・・・・・・・・・



あ~さぼりたい・・・・


まあ気にせずに明日突っ走るとして

またまた問題です

あさって何の日でしょう?


正解は


MYHAPPY BIRTHDAY!


いえ~い・・・・・・・



一人で祝うHAPPY BIRTHDAY~・・・・・・・

ちょっと寂しい(ぐすん・・・・


誰か祝ってください・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







なんて図々しいこといっても誰も祝ってくれないけどね(-.-;)

あ~寂しい寂しい

世間の風って冷たいねぇ~


まあどうでもいいけど

なんか久々に大批判があった詩でもやるかな

うん

ネタないしね

皆アニメネタ嫌でしょ?

まあ嫌でもやるんだけどね(・_・)


さて詩やるか


~~~~~~~~~~

いつも近くで照らしてる
そんな君は

何故だろう

本当の明には

何故か見えない僕がいる

いつその明が

消えてしまうのか

何かの風で消えてしまうのか

その風がなんなのか

なぜ君は明を照らすのか

わからない僕がいる

ねえ

その明はなんなの?

僕には不安にしかみえないよ

どうしてそこまで明るく照らすの?

その明をいつも楽しく見ていたのに・・・

消えないと思っていたのに

僕は

消えてから気付いた

その明がなんなのか

その明は誰かを待ち続けている

いつその人が足元が見えなくても明るく照らせるように

君はだから明があるんだね

でも

たまには暗くなってもいいんだよ

照らせなくてもいいんだよ

いつも僕たちが明るく照らされているけど

だれかが不安になるかもしれない

光こそが全てではない世界だからこそいえること・・・・・

明があれば暗闇がある

全ては対をなす世界

皆その対から逆らうことはできない

でも君は対から逆らおうとした

逆うことが何を意味するかも知らずに・・・・・・・・


題名「太陽の世界、闇の世界が混在する現世」


これはかなり比喩をつかってます

意味がわかったらコメントに書き込んでください

因みにヒントは

光と明と闇の三つは確実に比喩ってます

じゃあ今日はこれにて

2006/10/11 (Wed) 18:18
またまた詩

いつもせっせと働いてるのに

皆に理解してもらえない

自由を与えてくれない
皆にはのけ者扱い

殺されたのを

君達は見過ごしている

散歩をすると捕まっちゃう

誰がこの世界の基準を創ったの?

僕たちも自由になりたいよ

僕たちにだって生きる権利はあるのに

どうして君達は奪っていくの?

なんで?

種族が違うから?

ねえ

君達はそんなに偉いの?

君達の発達の為どうしてに僕らが犠牲にならなければいけないの?
もし僕たちが君達と対等ならば

君達を同じ目にあわせるだろう

そう・・・・・


僕たちの踏み潰された仲間の数だけ

もう遅いよ

今頃謝ったって

許すと思う?




題名「アリとナチス」

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。